FC2ブログ
花盛り朗読




小林大輔が出演している朗読会について

Posted by 小林大輔 on 07.2012 定期朗読会 0 コメントを投稿
 小林大輔は次の3つのパターンで朗読会に出演しています。

●ひとつは、ほぼ3、4ヶ月の間隔を置いて行っている
小林大輔主催の朗読会シリーズです。

 このシリーズで開催している朗読会には、必ず小林の朗読に関する
想いが強烈にこめられています。
 朗読技法の独創性を訴えるもの。あるいは朗読する作品とマッチする
会場を特定したもの。
 聞いていただくお客様を、なぜこの人達と限定したのかという
意味があるもの。
 毎回この朗読会に寄せる小林大輔の明確な意図があります。


●2つ目が地方公共団体や各地の教育委員会などの主催者に招かれて
出演者として朗読や講演を披露するもの。

 出演回数としてはこれが一番多いでしょう。
 主に学校に出向いたり、区(市)役所のホール、そして劇場やホテル、
その他イベント会場の朗読もこれに入ります。

講演

●朗読とは別に、ステージの司会を依頼され、司会者として出演する
ケースもあります。
 司会こそは小林の本業。司会では「さすが!」と他人(ひと)を
うならせるものを持っています。
 朗読はむしろ人生後半に開発した、小林の余技とも言えるのです。


関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

小林大輔の朗読CD

★朗読CD第1弾「山月記」と、
第2弾の「恩讐の彼方に」、
第3弾の「雪女」「耳なし芳一」
「高瀬舟」から、
一部をご紹介します。
それぞれのCDの解説は
下記にあるCDタイトルから
ご覧ください。







CD「山月記」解説←クリック
CD「恩讐の彼方に」解説←クリック
CD第3弾解説←クリック