FC2ブログ
花盛り朗読




高田馬場(株)ニチリョクの朗読教室

Posted by 小林大輔 on 15.2017 日記 0 コメントを投稿
私が講師を務めている高田馬場(株)ニチリョクの朗読講座「大人の読み聞かせ教室」は、毎月1回。
第二水曜日に午前と午後の2回の講座があります。

9月の第二水曜日13日は、午前の教室は15名の出席。そのうち新しく生徒になった方が2名いらっしゃいました。


1_201709152102267d7.jpg
午前の教室は、生徒の中から古谷田裕子さんの朗読発表。


午後の教室は、25名の生徒で、会場はほぼ満席。新人さんも何名かいらっしゃいました。
やはり主婦や成人の方は午後の方が家を出やすいようです。

2_20170915210230cf5.jpg
午後の教室での生徒の発表は長坂すみ子さん。
ご自分で選んだ山本周五郎作「松の花」の朗読でした。


(株)ニチリョクが主催してますこの社会人教室は、私が講師を務める朗読教室ばかりでなく、どの講座を受講しても入会金と言うものがありません。
その上、教室に出席する毎回の料金も、ニチリョクの会員はタダ。会員でない方も出席した当日だけ係に500円を支払うというシステムですから、欠席した日の料金が無駄になる、ということがないんです。

3_201709152102313b5.jpg
(株)ニチリョクの生活文化塾のポスター

しかも自画自賛になりますが、朗読教室の講師は私です。
どこにも負けない内容の充実した、それでいて親しみやすい朗読の授業を展開している、という自信があります。これは他の社会人教室も同じでしょう。

今日はこの(株)ニチリョクが主催しているJR高田馬場駅から歩いて4分。「生活文化塾の講座」について詳しくお話ししましょう。

主催している(株)ニチリョクという会社は、朝日新聞の一面にも広告を出している上場企業です。
新しいタイプのお墓や、葬儀を提案している斬新な企業です。
お墓や葬儀と言うと、どの家庭でも必要な行事でありながら、PRしにくい企業のため、社会還元のサービスとして生活文化塾を営んでいると言うわけです。
私の朗読教室「大人の読み聞かせ教室」もその講座の1つです。

講座の種類はバラエティに富んでいます。
9月から11月のスケジュールは別表のように表示してあります。
私はこの中から、一生徒となって「お坊さんカフェ」に出席しています。

私は日ごろから、修養を積んだお坊さんからお話を伺ってみたいと思っていました。
この「お坊さんカフェ」は、お茶を飲み、お菓子をつまみながら大熊慈照さんと言うお坊さんから、気張らない噛み砕いた仏教の教えを伺うと言うものです。

4_20170915210231aed.jpg
「お坊さんカフェ」の講師・大熊慈照さん

その他、教室内の講座ばかりでなく、季節が良くなった外界の社会見学や外歩きも、格安に案内してくれます。
あなたの目で実際に各講座を見て、一度体験なさると、(株)ニチリョクの良心的な運営振りや、各講座の講師が一流の人格者であることがお分かりになることでしょう。

(株)ニチリョクの私たちのお世話をしてくれる担当の3人の写真ご紹介します。

5_20170915210232dbb.jpg
ニチリョク生活文化塾の3人の担当者、中央の男性が責任者の木村さん。右が笠井さん。左が芳野さん。

また、お問い合わせや、お申し込みは、フリーダイヤル0120-86-0030です。
どうぞいちど電話して詳しいことをお尋ねください。

スケジュール
生活文化塾の9月から11月のスケジュールとフリーダイヤルです。(クリックで拡大します)
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

小林大輔の朗読CD

★朗読CD第1弾「山月記」と、
第2弾の「恩讐の彼方に」、
第3弾の「雪女」「耳なし芳一」
「高瀬舟」から、
一部をご紹介します。
それぞれのCDの解説は
下記にあるCDタイトルから
ご覧ください。







CD「山月記」解説←クリック
CD「恩讐の彼方に」解説←クリック
CD第3弾解説←クリック