FC2ブログ
花盛り朗読




マリ歌謡教室の発表会

Posted by 小林大輔 on 06.2017 日記 0 コメントを投稿
私がテレビの歌謡番組の司会をしていた時の名残、当時スター歌手だった高田マリさんは、その後お隣の杉並区を拠点に、歌の指導をしていらっしゃいます。

その「マリ歌謡教室 発表会」が今日、11月5日(日)中野サンプラザ13Fの「コスモルーム」で開催されました。

マリ歌謡教室002


毎年秋には、高田マリさんとのご縁で、私はこの発表会の司会をしています。
このところ、私は専門である朗読の発表会は連日のようにやっていますが、歌謡教室の発表会は昔取った杵柄。久方ぶりの歌の世界の司会業です。

IMG_20171105_142901.jpg
お客様中心の会場風景

このイベントの目玉は2つあります。
1つは、ステージに登場して歌をご披露する生徒さん25名全員に、ご自身が書き、提出してくれた紹介文や出場の所感を、それぞれ自分が歌う曲の前に、私のナレーションで紹介いたします。


IMG_20171105_144523.jpg
ある出場者。豪華な会場でしょう。


ところが、アマチュアの人が、これで決まり…と思われて提出してくれた文章でも、プロの目から見ると不自然な部分がかなり多く、どうしても修正が必要です。
私はそれらをいちいちチェックして、皆さんの意思を損なわないように時間をかけて訂正し、そしてナレーションします。

もう一つは、先生である高田マリさんのワンマンショー「ミニミニショー」です。
これは会場の生徒やお客様に、サンプルとしてお見せする先生のショーです。

このショーの中で、今回高田マリ先生は、当時とくに親しくお付き合いしていて、今年4月に亡くなられた、あのペギー葉山さんの歌をメドレーで歌ったのです。

そのメドレーとは
「南国土佐をあとにして」
「ケ・セラ・セラ」
そして「学生時代」です。
私は、マリさんの3曲に懐かしさいっぱい。
歌声を聴きながら、思わず胸にグッとくるものがありました。

ペギー葉山さんといえば、高田マリさんにも懐かしいスターダスターズ時代の先輩でしょうが、実は私にとっても懐かしいのです。
と申しますのは、ご主人の根上淳さんとは、ともに歌謡番組の司会をしていたご縁もあり、根上淳さん、ペギー葉山さんご夫妻には、しばしばお宅に訪ねてお目にかかっていたからです。
そのご夫妻とも、今はこの世にいないのです。


マリ歌謡教室001
メイン司会の根上淳さん。中央は和泉雅子さん、そして私。モノクロの古い写真です。

とくに高田マリさんは、ペギー葉山さんを偲んで追悼の心をこめて歌ったのです。
高田マリさんの、お歳とは思えない歌唱力と、このメドレー3曲の懐かしさに、私も当時を思い出して思わず目頭が熱くなりました。

IMG_20171105_160651.jpg
マリ先生の生のステージ「高田マリ ミニミニショー」のワンシーン。

腰を痛めているとおっしゃるマリ先生のお体は、側についているご子息が、何くれとなくお世話をしているから安心ですが、先生がいつまでも、往年のハリのある歌声を聴かせてくれることを私は切に祈ったものです。

IMG_20171105_173915.jpg
高田マリさんとご子息。中央は私。

でも、こんな過去の実績があり、いまだに歌唱力の衰えない先生から歌の指導を受けている生徒さんたちは、なんと幸せなことだろう、とつくづく思います。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

小林大輔の朗読CD

★朗読CD第1弾「山月記」と、
第2弾の「恩讐の彼方に」、
第3弾の「雪女」「耳なし芳一」
「高瀬舟」から、
一部をご紹介します。
それぞれのCDの解説は
下記にあるCDタイトルから
ご覧ください。







CD「山月記」解説←クリック
CD「恩讐の彼方に」解説←クリック
CD第3弾解説←クリック