FC2ブログ
花盛り朗読






花ざかりの「朗読会」について思うこと・目次

Posted by 小林大輔 on 07.2012 朗読とは 0 コメントを投稿
『花ざかりの「朗読会」について思うこと』は、
以下の項目について書いています。

-目次-

★朗読会を見た結果

★同じ朗読でも、舞台とメディアは全く別物

★舞台(ステージ)でやる朗読に求められるもの

★演出のない朗読のステージ

★お高かったクラシック音楽

★競争の中でサービス精神を鍛えた
ポップスや歌謡曲のステージ

★将来の朗読ステージはこうなる

★北村塾の朗読劇

★朗読のステージに何が求められるのか

★北村和夫さんに教えられたもの

★アナウンサー出身者の朗読の弱点

★朗読がかなりできるようになった人へのアドバイス

◎その読み(語り)は速すぎます。

◎充分な間(ま)を取ろう

◎何を朗読するか、作品の選び方はかなり難しい。

★どのような朗読者をめざすべきか


『花ざかりの「朗読会」について思うこと』を読む←クリック。


関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

小林大輔の朗読CD

★朗読CD第1弾「山月記」と、
第2弾の「恩讐の彼方に」、
第3弾の「雪女」「耳なし芳一」
「高瀬舟」から、
一部をご紹介します。
それぞれのCDの解説は
下記にあるCDタイトルから
ご覧ください。







CD「山月記」解説←クリック
CD「恩讐の彼方に」解説←クリック
CD第3弾解説←クリック