FC2ブログ
花盛り朗読




コロナウィルスに立ち向かう方法

Posted by 小林大輔 on 01.2020 日記 0 コメントを投稿
長尾クリニックの院長先生、長尾和宏さんが今回の新型コロナウィルスの騒動の中で、ただ一人、コロナウィルスを撃退する方法を本に書いています。
新型コロナウィルスには、ひたすら感染しないよう人々が怯える中で、唯一コロナウィルスに敢然と立ち向かう姿勢を示している長尾先生の日頃の持論。
これは読む価値があるでしょう。先生の言い分は簡単です。

新型コロナウィルスに感染して死なないためのキーワードは、抵抗力と免疫力を上げる事だと言います。
そのために必要な具体的な方法として長尾先生は人間は唯一、歩くことだと結論付けています。
その本とは「 歩くだけでウイルス感染に勝てる! 」という本です。

歩く事・・・。
それなら私は、とっくにやっています。
まさに我が意を得たりの心境です。
ほら、お天気さえ良ければ、都立・城北中央公園までの往復を、私は午前と午後の2回歩いています。
2回で計14000歩歩いていると、前のブログにも私は書いているでしょう。
石神井川のほとりの遊歩道から、公園の中を順路に従って歩くことを、私は楽しんでいます。

ところが、制服のおまわりさんや、都のお役人でしょうか、いかめしく見える人達数人が
「4月25日から5月6日までStay Home!」
の横断幕を持って、公園に遊びに来ている人達をねめつけるように巡視しているのです。

この都立・城北中央公園はお天気さえ良ければ、自然光がさんさんと降り注ぎ、やっと頬にも温かく感じられる風が爽やかに通り抜け、確かに都会の中で空気が美味いと感じられます。
その上、見渡す限り広々と開放的で、樹木の新緑が美しいのです。
自粛とばかり、家に閉じこもっている人には、またとない気分転換の一時なのです。
長尾先生のおっしゃる、歩くことを楽しむ格好の場所なのです。
ところが、大人の唯一のアスレチックの設備も、子供たちが使う公園の遊び道具も随所にあるのですが、この時期使うなと言わんばかりに、ネットの幕を張って「使用禁止」なのです。
大人や子供たちが、これらの設備を使って、どれぐらいそこに留まると言うのでしょうか。

IMG_20200430_092730 (1)
大人のアスレチックの道具も使用禁止


IMG_20200430_093906 (1)
子供達の遊具もこんな網を張って使用禁止です

長尾和宏医師が、いかに歩く効用を本で説いたとしても、こんな有様では、公園を歩くことなどとても出来ません。

小池知事の「Stay Home」を正しく理解しているとは言えないように思うのですが・・・。

関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

小林大輔の朗読CD

★朗読CD第1弾「山月記」と、
第2弾の「恩讐の彼方に」、
第3弾の「雪女」「耳なし芳一」
「高瀬舟」から、
一部をご紹介します。
それぞれのCDの解説は
下記にあるCDタイトルから
ご覧ください。







CD「山月記」解説←クリック
CD「恩讐の彼方に」解説←クリック
CD第3弾解説←クリック