fc2ブログ
花盛り朗読




突然直った右足

Posted by 小林大輔 on 10.2021 日記
原因不明のまま、私は右の足を引きずりながら、それでも歩いています。
1日に1万歩をクリアしようと、自分で目標を決めた以上、意地でも「これは実行するぞ・・・」と私のウォーキングを続けています。

まあ、東京もこの所異常な低温。
9月に入って急に寒いぐらいの雨続き。
きっとパラリンピックも影響を受けたでしょう。
この雨続きに、私のスタスタ歩きの習慣も救われました。雨で休養が取れたのです。

早朝と夕方、1日2回に分けてそれぞれ5000歩を歩いています。計1万歩。
これが雨の日が多いため、やむなくウォーキングは停止。
「あぁ、雨か・・・」と外の道路を覗いては「今朝は歩け無いなぁ・・・」と思うのですが、右足の不調を思い出すと、実は歩けないことにホッとするのです。
こんな事は私には珍しいことです。

毎日歩いていると、「おや、今日は膝が痛いぞ」と知ることが、たまにあります。
また、「足が変にフラつくなぁ・・・」と思うこともあります。
しかし次の日、スタスタ歩いていると、昨日の変だと思ったところがウソのように忘れています。
完全に消えています。私のウォーキングはそんな事の繰り返しです。

ところが、今回の足の不調は、そんなヤワなものではないのです。
15分も歩けば、もう右足が棒を飲んだように突っ張るのです。
右のお尻の上、右の腰辺りが、ひどく痛いのです。
これは右足だけに感じることです。
その痛さたるや、実は目に涙をためて、やむなく公園のベンチに腰掛けて、人にわからないように休まなければならないのです。
ところが5分もベンチで休めば、あの痛みがウソのように消えて、また歩けるようになるんです。
「何だこれは・・・」
いい年をした男が、目に涙をためていたのがウソのように、また歩き出すのです。この繰り返しです。

今日歩いていた時も、私の頭の中は、またあの恐怖に襲われないかと、ひどく恐れていました。
「15分も歩けば、また、どこかのベンチで休まなければならないぞ・・・」と、この所の異常な不調を思い出して、私はパニックに陥っていました。

ところが、ところがです。
何分歩いても、今日の私の足は、休養などいらないのです。
20分も、25分も、休みなしでスタスタ歩こうが、何ともないんです。

涙をためて、公園のベンチで休んでいたのは何だったんだと、自分でそう思いました。
「膝が痛いぞ」や「足が変にふらつくなぁ・・・」と思いながら、翌日には忘れているいつものちょっとした違和感と同じなのです。
スタスタ歩いていること。それが何よりの治療になっているのでしょうか。私にはそうとしか思えません。また、どこまでも歩けるのです。

あの深刻な痛みから解放された喜びに、私は感謝しました。何しろ、何度もベンチで休まなければならなかったのですから。
「さあ、明日からは、あの恐怖を忘れて、存分に歩けるぞ」
そう自信を取り戻したものです。
関連記事

小林大輔の朗読CD

★朗読CD第1弾「山月記」から、
一部をご紹介します。
CDの解説は下記にある
CDタイトルからご覧ください。


CD「山月記」解説←クリック